JPN WW

Chapter 2 "Your First Love"
初めての愛

“But I have this against you,
that you have left your first love.”
Revelations 2:4.

しかし、あなたに対して責むべきことがある。
あなたは初めての愛から離れてしまった。
ヨハネの黙示録 2:4.

Have you left your first love? Who is your first love? Is your baby, your child, or your husband your first love? Who is really first in your life? “He who loves father or mother more than Me is not worthy of Me; and he who loves son or daughter more than Me is not worthy of Me.” Matt. 10:37. The Scripture in Revelation says: “But I have this against you, that you have left your first love.” Rev.2:4

あなたは初めての愛を置いてきてしまいましたか?あなたが初めて愛した人は誰ですか?あなたの赤ちゃん、子ども、それとも夫でしょうか?あなたの人生の中で、本当の意味での初めての愛は誰ですか?『わたしよりも父親や母親を愛する者は、わたしにふさわしくない。わたしよりも息子や娘を愛する者は、わたしにふさわしくない。』(マタイ10:37)また、ヨハネの黙示録にはこう書かれています。『しかし、あなたに対して責むべきことがある。あなたは初めての愛から離れてしまった。』(ヨハネ 2:4.)

Dirty rags. Ask yourself these questions. Are the things that you put first of eternal value? Will what you do today help to increase His kingdom? Do you seek after His righteousness? Remember, our righteousness is like dirty rags. (Is. 64:6)

汚れた布:次のことを自問自答してみてください。あなたが第一優先にしていることには、永遠の価値がありますか?今日あなたが取っている行動は、神の国を増やすことに繋がっていますか?神の義を求めていますか?私たちの義は汚れた布のようなものだということを覚えておいてください。(イザヤ64:6))

What is our Lord saying to us? He is saying that any time we put someone or something ahead of our love for or our relationship with Him, we are not worthy of His love.

主は私たちに何を伝えてくれているのでしょうか?主は、私たちが主への愛や関係性を第一とせず、誰かや何かを優先としてしまうのならば、主の愛にふさわしくないと言っています。

Seek first. We are to put Him first in our priorities; first in our day and first in our heart. “But seek first His kingdom and His righteousness; and all these things shall be added unto you.” Matt. 6:33.

第一に、求めてみましょう。私たちは何よりも主を第一優先とするべきです。常に主との関係を第一にしましょう。『だから、神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます』マタイ6:33

What happens when you put someone ahead of the Lord? What does He do to draw you back to Him? Some of us put our husbands first, and the Lord took our husbands from us! “Thou hast removed my acquaintances far from me; Thou hast made me an object of loathing to them. Thou has removed lover and friend far from me; My acquaintances are in darkness.” Ps. 8:18-88.

あなたが主よりも誰かを優先するとどうなるのでしょうか?主はあなたを引き戻すために何をされるのでしょうか?夫を優先する人もいるかもしれませんが、それをしてしまうと主は私たちから夫を奪ってしまうのです!『あなたは、友人たちが私を嫌って、私のもとを去るようにされました。私は捕らえられ、逃れることができません。愛する人も、友人も、知人も、みな去って行きました。どちらを向いても、暗闇ばかりです。』詩篇8:18-88

Does this mean we are not to care for our husband's needs? Are we to have the attitude that “we serve the Lord, not you”? God has a perfect balance that He teaches in the following Scriptures: “Wives, be subject unto your own husbands, as unto the Lord.” Eph. 5:22.  And also, “Wives, be subject to your own husbands, as is fitting to the Lord.” Col. 3:18. We submit to our husbands because we love the Lord. Many times our husbands may not be deserving of our devoted submission; nevertheless, our Lord always deserves submission to His Word!

これは、私たちが夫に対して気を配るべきではないということなのでしょうか?私たちは夫に対して「私は、主に仕え尽くしているのであって、あなたに尽くすのではない。」という態度をとるべきなのでしょうか。神は完璧なバランスを持っていて、そのことは次の聖句で明らかです。『妻たちよ、主に支えるように自分の夫に支えなさい。』(エペソ5:22)さらには、『妻たる者よ、夫に仕えなさい。それが、主にある者にふさわしいことである。』ともおっしゃっています。(コロサイ3:18)わたしたちが夫に尽くすのは、主を愛しているからです。夫は私たちの献身的な支えに値しないことが多いかもしれませんが、主の御言葉には確実に尽くす価値があるのです。

 That the Word of God may not be blasphemed. The Lord even gives us a warning that not obeying or not honoring our husbands will dishonor, even blaspheme, the Lord and His Word! The balance is to honor the Lord by obeying and being submissive to our own husbands. “…being subject to their own husbands, that the Word of God may not be dishonored.” Titus 2:5. “…being subject to their own husbands, that the Word of God may not be blasphemed.” Titus 2:5 KJV.

神の御言葉が冒涜されないように。主は、夫に尽くさなかったり敬わなかったりすることは、主とその御言葉を冒涜することにもなると警告もしています。神のおっしゃるバランスとは、自分の夫を敬い、柔順になることなのです。それが主を敬うことなのです。『神の言がそしりを受けないように自分の夫に従順であること。』テトス2:5 『…神の言葉が冒涜されないように 自分の夫に従うこと。』 テトス2:5 KJV.

Pleasing to the Lord. We are to try to please the Lord, rather than trying to please our husbands; then the Lord will cause us to have favor with our husbands.  “When a man’s ways are pleasing to the Lord, He makes even his enemies to be at peace with him.” Prov. 16:7. “Charm is deceitful and beauty is vain, but a woman who fears the Lord, she shall be praised.” Prov. 31:30. “Delight yourself in the Lord; and He will give you the desires of your heart.” Ps. 37:4.

主を喜ばせること。私たちは夫を喜ばせようとするのではなく、主を喜ばせようとしなければなりません。『人の道が主を喜ばせる時、主はその人の敵をもその人と和らがせられる。』箴言16:7『あでやかさは偽りであり、美しさはつかのまである、しかし主を恐れる女はほめたたえられる。』箴言31:30『主によって喜びをなせ。主はあなたの心の願いをかなえられる。 』詩篇37:4

 Obedience Rather Than Sacrifice
犠牲よりも従順になること

To obey is better than sacrifice. “Behold, to obey is better than sacrifice, and to heed than the fat of rams. For rebellion is as the sin of divination, and insubordination is as iniquity and idolatry. Because you have rejected the Word of the Lord, He has also rejected you….” 1Sam. 15:22-23. “To do righteousness and justice is desired by the Lord rather than sacrifice.” Prov. 21:3.

従順になることは犠牲よりも優れている。従順になることは、いけにえよりはるかに尊いのだ。主は、あなたが雄羊の脂肪をささげるよりも、主の御声に耳を傾けるほうをお喜びになる。反逆は占いの罪と同じ、不従順は偶像礼拝と同じ罪なのだ。もはや主のおことばを無視したからには、主もあなたを王位から退けることだろう。』1サムエル15:22-23. 『正義と公平を行うことは、犠牲にもまさって主に喜ばれる。』 箴言21:3

Testimony: I have seen many women who are “martyrs” and I was always afraid that I would become one. Since I didn't know why or how other women had become that way, it was possible that I, too, would fall into the same trap. And I did. But now I have found the answer - we didn't obey, we sacrificed!

証:私は「犠牲者」になる女性をたくさん見てきました。そして自分もそのようになるのではないかといつも恐れていました。他の女性がなぜ、どのようにしてそうなったかがわからなかったので、自分も同じ罠にはまるのではないかと。そして私はそうなってしまいました。しかし私は答えを見つけました−そう、私たちは従順になっていたのではなく、犠牲になっていたのです!

My husband would tell me to “take it easy,” “rest,” or “leave it until tomorrow,” but I wouldn't do it! That's rebellion! I would justify it by saying: “He doesn't know how much work I have to do,” or “He doesn't realize what it takes to run this house, or take care of all these children,” or “How can I take a nap? Who will watch the children when I am asleep?”

夫はよく、「無理しないで。」「休んで。」「明日にしたらどう?」と言ってくれていましたが、私は聞き入れませんでした。私はそれを正当化するために 「私がどれだけの仕事をしなければならないか分かっていない」とか「家庭を切り盛りしたり、子どもたちの世話をしたりすることがどれだけ大変かわかっていない」「私が寝ている間、誰が子どもたちを見てくれるの?昼寝なんて出来るわけないじゃない!」と言っていました。

I was right: he didn't know - but God knew! And He is my protection and my children's protection. And God in His sovereignty has placed your husband over you for your protection. God has placed our husbands over us for our physical protection, our emotional protection and our spiritual protection, “For there is no authority except from God, and those which exist are established by God. For rulers are not a cause of fear… it is a minister of God to you for good.” Rom. 13:1-4. (See lesson 8, “Wives, Be Subject,” for “My people are destroyed for lack of knowledge. Because you have rejected knowledge….” Hosea 4:6. And for more information on your husband as your spiritual protector, see lesson 9, “Helper Suitable” under the section “Who Should Be the Spiritual Leader?” and don't miss the testimony!) Sacrifice, instead of obedience, made me a martyr!

でも、私は気付きました。夫は知る予知もなかったのですが、神は全てを知っていました!そう、主は、夫を通じて私と子どもたちを守ってくださっていたのです。主は身体、感情そして精神、全てにおいて守ってくださっているからです。『すべての人は、上に立つ権威に従うべきである。なぜなら、神によらない権威はなく、おおよそ存在している権威は、すべて神によって立てられたものだからである。 』(ローマ13:1-4) (「わたしの民は知識の欠如のために滅ぼされる。あなたがたが知識を拒絶したから......」ホセア4:6については、著書のレッスン8「妻たちよ、従いましょう」を参照してください。そして、あなたの精神的擁護者としてのあなたの夫についての詳細は、レッスン9「精神の指導者は誰がなるべきか」の下の「手助けに適した人」を参照してください。証を見逃さないでくださいね!) 従順になる代わりに取った私の行動は、結果自分自身を犠牲者にしてしまったのです。

Your outward appearance. Many women wear a head covering, skirts only, or other modest clothing, but they are rebellious in their hearts. Even if your outward appearance deceives others into thinking you're submissive, the Lord knows your heart! “Do not look at his appearance…because I have rejected him; for God sees not as man sees, for man looks at the outward appearance, but the Lord looks at the heart.” 1Sam. 16:7. Our ministry just received a phone call from a woman who was dogmatic about women wearing modest clothing (she even home schooled her children). However, she was committing adultery with a married man. “The heart is more deceitful than all else and is desperately sick; who can understand it?” Jer. 17:9.

容姿:多くの女性は、ベールをしたり、スカートを履いていたりと、控えめな服装をし、一見従順に見えますが、心の中では反抗的です。たとえあなたの外見が他人に従順だと示していても、主はあなたの心を見ておられます。『容貌や背の高さで判断してはいけない。人は外見によって判断するが、主は心を見ておられるからである。』(1サム16:7.)先日、ある女性から電話相談を受けました。彼女は女性は控えめな服装を着るべきだと容姿をとても気にしていたのにも関わらず、自分自身は結婚している男性と不倫をしていたのです。『人の心は何より欺きやすく、芯まで腐っている。それがどんなに悪質であるか、だれにもわからない。』(エレミヤ17:9)

There is a story of a little boy whose father continued to ask him to “sit down.” Finally the little boy did sit down and the father smiled. But the boy quickly exclaimed, “I may be sitting down on the outside, but on the inside – I'm standing up!” Many times we are standing up on the inside. Many times after we do the right thing and go along with our husband's plan we exclaim, “but I don't agree!” Sometimes it's our attitude that tells him that we don't agree. This, ladies, is rebellion.

父親に「座れ」と言われ続けた少年のお話があります。何度も言い続けた結果、ようやく少年が座ったので、父親は微笑みました。しかし少年はすぐに叫んだのです。「見た目は座っていたとしても、僕は立っているんだ!」と。このお話からもわかるように、私たちは多くの場合、心の中では立っているのです。夫の言葉に沿って行動はするものの、心の中では「同意してない!」と思ってしまっているのです。時には、心の中が態度に出てしまうのです。これは、紛れもなく『反抗』なのです。

We will reap what we have sown. If you were a rebel with your parents before you were married, you probably married a rebel. (Rebels, as Bill Gothard says, “seek out their own kind.” I guess it is God's way of making sure you are equally yoked!) And maybe your husband has become worse since you married him. Maybe he rebels against all sound wisdom. Maybe he has taken the rebellion as far as to rebel against his commitment to be faithful to you, as is the case with those who are standing in faith for their marriages to be restored.

自分で蒔いた種は自分で刈り取る。結婚前に両親に反抗的だったあなたは、おそらく真逆の人と結婚したのではないでしょうか。(反抗者はビル・ゴタード*が言うように "自分と同類の人に惹かれる"のです。 神がわざと引き寄せているのかもしれませんよ!) もしかすると、あなたが結婚してから夫の状態はますます悪くなったのかもしれません。また、彼は全ての健全な考えに反抗しているのかもしれません。もしかしたら彼はあなたに忠実であるという約束にまで反抗しているのかもしれません。

Nothing is impossible. If your husband is rebelling against the Lord, what do you do then? If you are a believer, then you begin to obey. “For the unbelieving husband is sanctified through his wife.” 1Cor. 7:14. Yes, it is true. Obey now and watch as the Lord sanctifies your husband. Does this seem strange? Does it seem impossible, because “he is so bad”? It's possible, because you are one flesh. “Consequently they are no longer two but one flesh.” Matt. 19:6. “Neither is woman independent of man, nor is man independent of woman.” 1Cor. 11:11. Can only half a body go one way and the other half go the other? Therefore, dear sister, have faith because “…without faith it is impossible to please Him, for he who comes to God must believe that He is, and that He is a rewarder of those who seek Him.” Hebr. 11:6.

不可能はない。もしあなたの夫が主に反抗しているとしたら、あなたはその時どうしますか?もしあなたが信者ならば、あなたのほうから従順になることです。『なぜなら、クリスチャンでない夫は、クリスチャンの妻の助けによって、神の恵みの中にあるからです。』(1コリント7:14)そうです。今すぐ主に従順になり、主があなたの夫を聖別するのを見守ってください。これはおかしなことだと思いますか?「夫は悪い人だから」という理由で、不可能に思えますか?いいえ、可能です。あなた方は一体なのです。『その結果彼らはもう二人ではなく、一人なのです。』マタイ19:6  『神の計画では、男と女は、お互いを必要とし合う存在であることを忘れてはなりません。』(1コリント11:11)体の半分が別々の方向に行くことは不可能なのです。『信仰がなければ、神に喜ばれることはできません。神のもとに来ようとする人はだれでも、神の存在と、熱心に神を求めれば神は必ず報いてくださることを、信じなければなりません。』ヘブライ11:6

He who walks blameless. Once you obey, God will turn your husband's heart. “He turns it (the heart) wherever He wishes.” Prov. 21:1. Remember, only “he who walks blameless will be delivered.” Prov. 28:18. Many women say that they don't want to obey their husbands; well then, don't be surprised that he won't obey the One who is over him either! “Christ is the head of every man, and the man is the head of woman, and God is the head of Christ.” 1Cor. 11:3. Don't give the excuse that your husband is not a Christian so, therefore, you don't have to obey him. Search the Scriptures for that exception; it's not there. 

正しい者。あなたが従順にさえなれば、神はあなたの夫の心を変えてくださります。『主は王の心を思いのままに動かされます。』(箴言21:1) 『正しい者は災いに会っても助け出されますが、人をだますような者は滅ぼされます。』(箴言28:18 )多くの女性は、夫には従いたくないと言いますが、そういう考えでいるならば夫は主に従わないと思っていても不思議ではありません。『妻は夫に責任があり、夫はキリストに責任があり、キリストは神に責任がある、ということです。 』(1コリント11:3)あなたの夫がクリスチャンではないから、夫に従わなくてもよい、という言い訳をしてはいけません。そのようなことは聖書のどこにも書かれていないのです。

Suffering unjustly. But what if my husband is mean? “Be submissive with all respect, not only to those who are good and gentle, but also to those who are unreasonable. For this finds favor, if for the sake of conscience toward God a man bears up under sorrows when suffering unjustly. For what credit is there if, when you sin (disobey) and are harshly treated, you endure it with patience? But if when you do what is right, and suffer for it you patiently endure it, this finds favor with God.” 1Pet. 2:18-20. The Word goes on to say that we have an example in the Lord and in His life. He asks us to follow in His footsteps as we'll see below. (If you are in an abusive situation you will find help in lesson 4, “Kindness Is on Her Tongue.”)

不当に苦しむこと。もし夫が横暴だったら?『主人を尊敬し、従いなさい。善良でやさしい主人に対してだけでなく、横暴な主人にも従いなさい。不当な罰を受けても耐えるなら、神に喜ばれます。自分が悪いことをして受けた罰をどんなに我慢しても、何の誉れにもなりません。しかし、正しいことをしたばかりに苦しみを受け、それを耐え忍ぶのは、神に喜ばれることです。』(1ペテロ2:18-20)御言葉の中には、主と主の人生の中に模範があるということを示しています。下記でもわかるよう、主は私たちが彼の足跡に従うよう求めています。(もし現在、虐待状態にあるという方は、レッスン4『優しさは彼女の言葉遣いにある』を参照してください。きっとあなたの助けになると思います。)

If You Love Me
もしあなたが愛してくれるのであれば

Under the Law. After you put God first in your life and begin to obey those in authority over you, you must then cast down the false doctrine that says, “I am saved by grace, so it's really OKAY to sin, because I am no longer under the Law.” Let's search the Scriptures for the Truth:

律法の下で。自分の人生において神を第一に考え、従うようになった途端、「わたしは神によって救われたのだから、罪を犯してもいいのだ。なぜならばもう律法の下にはいないのだから。」という間違った考えをする人がいます。さて、真実を知るためにも、聖書を見ていきましょう。

Do your deeds deny Him? “They profess to know God, but their deeds deny Him, being detestable and disobedient and worthless for any good deed.” Titus 1:16.

あなたの行いは神を否定していますか?『そういう者たちは、口先では神を知っていると言うのですが、行いを見れば、そのうそは一目瞭然です。心は腐れきって不従順で、良い行いにふさわしくない者です。』テトス1:16

Do you do what His Word says?  “Why do you call Me, Lord, and do not do what I say?” Luke 6:46.

主の言葉に従っていますか?『なぜ「主よ、主よ」と呼びながら、わたしに従おうとはしないのですか。』ルカ6:46

Are we to continue in sin?  “What shall we say then? Are we to continue in sin that grace might increase? May it never be! How shall we who died to sin still live in it?” “What then? Shall we sin because we are not under law but under grace? May it never be!” Rom. 6:1-2, 15.

私たちは罪を犯していくのか?『では、神がますます私たちを恵み、赦し続けることができるように、私たちは罪を犯し続けるほうがよいのでしょうか。もちろん、絶対にそんなことはありません。罪に対して死んだのに、どうしてなお、罪の中に生きていられるでしょうか。』『それでは、どうなのでしょう。律法を守ることによってではなく、恵みを受けることによって救われるのであれば、「罪を犯してもかまわないのだ」ということになるのでしょうか。絶対にそんなことはありません。』ローマ6:1-2、15

Faith without works is dead. “What use is it, my brethren, if a man says he has faith, but he has no works? Can that faith save him? ...For just as the body without the spirit is dead, so also faith without works is dead.” James 2:14-26. Good works are the “fruits” of our conversion. Now, ask yourself these questions:

働きのない信仰は無に等しい: 『愛する皆さん。自分には信仰があると言っても、それを行動で表さなかったら、どうしてその信仰を実証できるでしょう。そのような信仰が、人を救うことができるでしょうか。たましいのない体が死んだものであるように、行いのない信仰は死んだも同然です。』(ヤコブ2:14-26)善い行いは、私たちの改心の「実り」です。さて、次のような質問を自分に投げかけてみましょう。

Do my deeds deny that I am a follower of the Lord?

私の行ないは、私が主の従者であることを否定していますか?

Does grace give me a license to sin?

恵みは私に罪を犯すことへの許可を与えていますか?

Since I am a believer, am I to have no good works?

私は信者なので、悪い行ないはしてはいけないのでしょうか?

Confess your sins. If you found these questions convicting, do as Scripture says: “Therefore, confess your sins one to another, and pray for one another, so that you may be healed.” James 5:16.

自分の罪をさらけ出してみましょう。これらの質問の罪を認めた方は、次の聖句にあるようにしましょう。『ですから、互いに罪を告白し、祈り合いなさい。正しい人の祈りは大きな力があり、驚くほどの効果があります。』ヤコブ5:16

I never knew you. Many believe that you can live any way you wish and then enter into heaven once you die; is this true? “Many will say to Me on that day, ‘Lord, Lord, did we not prophesy in Your name, and in Your name cast out demons, and in Your name perform many miracles?’ And then I will declare to them, ‘I never knew you; depart from me you who practice lawlessness.’ ” Matt. 7:22-23.

私はあなたを知らない。多くの人は、自分の好きなように生きて、死んだら天国にいけると信じていますが、果たしてそれは本当でしょうか?『 最後の審判の時、多くの人が弁解するでしょう。「主よ、主よ。私たちは熱心に伝道しました。あなたのお名前を使って悪霊を追い出し、すばらしい奇跡を何度も行ったではありませんか。」しかし、わたしはこう宣告します。「あなた方のことは知らない。ここから出て行きなさい。あなた方がしたのは悪いことばかりではありませんか。」』マタイ7:22-23

Obedience to His Word
御言葉への服従

Wisdom shouts in the street, she lifts her voice in the square. At the head of the noisy streets she cries out; at the entrance to the gate in the city, she utters her sayings, how long, O naive ones, will you love simplicity. And scoffers delight themselves in scoffing, and fools hate knowledge. Turn to my reproof, behold, I will pour out my spirit on you; I will make my words known to you. Because I called and you refused; I stretched out my hand, and no one paid attention; and you neglected all my counsel, and did not want my reproof; I will even laugh at your calamity; I will mock when your dread comes, when your dread comes on like a storm, and your calamity comes on like a whirlwind, when distress and anguish come on you.”

知恵は、ちまたに呼ばわり、市場にその声をあげ、城壁の頂で叫び、町の門の入口で語る。「思慮のない者たちよ、あなたがたは、いつまで思慮のないことを好むのか。あざける者は、いつまで、あざけり楽しみ、愚かな者は、いつまで、知識を憎むのか。わたしの戒めに心をとめよ、見よ、わたしは自分の思いを、あなたがたに告げ、わたしの言葉を、あなたがたに知らせる。わたしは呼んだが、あなたがたは聞くことを拒み、手を伸べたが、顧みる者はなく、かえって、あなたがたはわたしのすべての勧めを捨て、わたしの戒めを受けなかったので、わたしもまた、あなたがたが災にあう時に、笑い、あなたがたが恐慌にあう時、あざけるであろう。これは恐慌が、あらしのようにあなたがたに臨み、災が、つむじ風のように臨み、悩みと悲しみとが、あなたがたに臨む時である。その時、彼らはわたしを呼ぶであろう、しかし、わたしは答えない。ひたすら、わたしを求めるであろう、しかし、わたしに会えない。』

“Then they will call on me but I will not answer; they will seek me diligently, but they will not find me, because they hated knowledge, and did not choose the fear of the Lord. They would not accept my counsel, they spurned all my reproof. So they shall eat of the fruit of their own way, and be satiated with their own devices. For the waywardness of the naive shall kill them, and the complacency of fools shall destroy them. But he who listens to me shall live securely, and shall be at ease from the dread of evil.” Prov. 1:20-33.

彼らは知識を憎み、主を恐れることを選ばず、わたしの勧めに従わず、すべての戒めを軽んじたゆえ、自分の行いの実を食らい、自分の計りごとに飽きる。思慮のない者の不従順はおのれを殺し、愚かな者の安楽はおのれを滅ぼす。しかし、わたしに聞き従う者は安らかに住まい、災に会う恐れもなく、安全である。』 箴言1:20-33

Obedience comes from the heart. “…you became obedient from the heart to that form of teaching to which you were committed.” Rom. 6:17. And again, “…for God sees not as man sees, for man looks at the outward appearance, but the Lord looks at the heart.” 1Sam 16:7.  

服従は心からです。 『今は伝えられた教えの規範を受け入れ、それに心から従うようになり...』(ローマ6:17)『わたしの選び方は、あなたの選び方とは違う。人は外見によって判断するが、わたしは心と思いを見るからだ。』(1サム16:7)

Obedience needs testing. “Do not be surprised at the fiery trial which comes upon you for your testing.” 1Pet. 4:12.

服従には試練が必要だ。ふりかかる試練は、決して思いがけないものでも、異常なものでもないからです。』 1ペテロ4:12

Obedience purifies your soul. “Since you have in obedience to the Truth, purified your souls.” 1Pet. 1:22.

服従はあなたの魂を浄化します。『あなたがたは真理に従うことによって、魂を清める。』1ペテロ1:22

Obedience gives testimony of Who your Father is. “Obey My voice and I will be your God, and you will be My people; and you will walk in all the way in which I command you, that it may be well with you. Yet they did not obey or incline their ear, but walked in their own counsels and in the stubbornness of their evil heart, and went backward and not forward.” Jer. 7:23-24.

服従は、あなたの父が誰であるかの証しを与えます。『わたしに従いさえすれば、わたしはおまえたちの神となり、おまえたちはわたしの民となる。わたしの命令どおりにしさえすれば、何もかもうまくいく。ところが、彼らはわたしの言いつけを聞こうとせず、頑固で悪い思いをもって、したい放題のことをした。前進するどころか後退した。』エレミヤ7:23-24

Your disobedience actually praises the wicked. “Those who forsake the law praise the wicked, but those who keep the law strive with them.” Prov. 28:4.

あなたの不従順は悪人を賞賛することになってしまいます。『教えに文句を言うのは、悪者をほめることです。』 箴言28:4

The prayers of the disobedient go unheard.  “He who turns away his ear from listening to the law, even his prayer is an abomination.” Prov. 28:9.

不従順な者の祈りは聞かれない。『教えをおろそかにする者の祈りはかなえられません。』箴言28:9

Our Example Is Christ
私たちの模範はキリストである

He was obedient even unto death. “He humbled Himself by becoming obedient to the point of death, even death on a cross.” Phil. 2:5-11.

彼は死に至るまで従順だった。 『人としての姿をもって現れ、自らを低くして、死にまで、それも十字架の死にまで従われました。』ピリピ2:5-11

Learned obedience. “Although He was a Son, He learned obedience from the things which He suffered.” Heb. 5:7-10.

服従を学んだ。 『イエスは神の子であるのに、神に従うことには多くの苦しみが伴うことを身をもって学ばれました。』 ヘブル5:7-10

He was obedient and submissive to His authority. “My Father, if it is possible, let this cup pass from Me; yet not as I will, but Thou wilt…My Father, if this cannot pass away unless I drink it, Thy will be done.” Matt. 26:39, 42.

主の権威に従順で服従していた。『父よ、もし可能であれば、この杯を私から離れさせてください。父よ。もしできることなら、この杯を取り除いてください…父よ。もし、この杯を飲みほさなければならないのでしたら、どうぞ、あなたのお心のままになさってください。』マタイ26:39,42

We must be submissive to authority. “Wives, be submissive to your own husbands, as unto the Lord…but as the church is subject to Christ, so also the wives ought to be to their own husbands in everything.” Eph. 5:22. “For there is no authority except from God, and those which exist are established by God.” Rom. 13:1.

私たちは権威に従わなければなりません。『妻は、主に従うように夫に従いなさい。なぜなら、キリストの体である教会がキリストにゆだねられているように、妻は夫にゆだねられているからです。』(エペソ5:22)『神によらない権威はどこにもありません。 』(ローマ13:1)

The secret to success. “All the paths of the Lord are lovingkindness and truth to those who keep His covenant and His testimonies. For Thy name's sake, O Lord, pardon my iniquity, for it is great. Who is the man who fears the Lord? He will instruct him in the way he should choose. His soul will abide in prosperity, and his descendants will inherit the land. The secret of the Lord is for those who fear Him.” Ps. 25:10-15.

成功の秘訣。『主に従って歩むとき、その道は、どこでも、主の慈しみと真実の香りが漂っています。 しかし、主よ。私はなんと数多くの罪を犯していることでしょう。ああどうか、御名のために私をお赦しください。主を恐れる人はどこにいますか。主はその人に、最善のものを選ぶ秘訣を教えてくださいます。その人は神の祝福の中に住み、子孫は地を受け継ぎます。神との親密な関係は、主を敬う者にしか持つことはできません。神はそのような人とだけ、秘密の約束をかわされます。私の目はいつも助けを求めて、主に向いています。私を救い出せるのは、主おひとりだからです。』 詩篇25:10-15

Self-condemned. Unfortunately, most dispute or argue the true meaning of the Lord's teachings - which God says is to their own destruction. “But shun foolish controversies and genealogies and strife and disputes about the Law; for they are unprofitable and worthless. Reject a factious man after a first and second warning, knowing that such a man is perverted and is sinning, being self-condemned.” Titus 3:9-11.

自業自得。残念なことに、ほとんどの人は主の教えの真の意味について論争しています。神はこのように述べています。『しかし、堂々巡りの議論にふけったり、あやしげな神学論争に巻き込まれたりしてはいけません。律法を守ることについての議論や論争も避けなさい。そんなものは何の益にもならず、むしろ害をまき散らします。教会を分裂させる人がいたら、一度か二度きびしく警告し、それでも聞き入れなければ、関わりを断ちなさい。そのような人は心が曲がっていて、悪いとわかっていながら、罪を犯しているのです。』 タイタス3:9-11。

Turn aside to myths. Instead of searching for the Truth, they want others to agree with their wrong ideas or decisions. “But wanting to have their ears tickled, they will accumulate for themselves teachers in accordance to their own desires; and will turn aside to myths.” 2Tim. 4:3-4.

神話に背を向ける。真実を探す代わりに、自分の間違った考えや決定に他の人が同意することを望んでいる人もいます。『人々が真理のことばを耳ざわりだと敬遠し、彼らは聖書の教えに耳を傾けようとせず、まちがった教えにしっぽを振ってついて行くのです。 』 2テモテ4:3-4

Foolishness to him. You may be having trouble understanding all that the Scriptures say, but I guarantee that you will never understand them until you first obey them. “But a natural man does not accept the things of the Spirit of God; for they are foolishness to him, and he cannot understand them, because they are spiritually appraised. But he who is spiritual appraises all things…” 1Cor. 2:14-15. 

彼にとっては愚かなこと。あなたは聖書に書かれていることを全て理解するのに苦労しているかもしれませんが、まず聖書に従わなければ、決して理解できないことを私は保証します。『しかし、クリスチャンでない人は、聖霊が教えてくださる神の思いを理解することも、受け入れることもできません。彼らには愚かしく思えるのです。というのは、自分のうちに聖霊をいただいている人だけが、聖霊のお考えを理解できるからです …』1コリント2:14-15

Walk by the Spirit. “And I will put My Spirit within you and cause you to walk in My statutes, and you will be careful to observe My ordinances.” Ezek. 36:27. “But I say, walk by the Spirit, and you will not carry out the desire of the flesh.” Gal. 5:16. “If we live by the Spirit, let us also walk by the Spirit.” Gal. 5:25.

御霊によって歩め。『わたしの御霊を授けるので、あなたがたはわたしのおきてを守り、わたしの命令に何でも従うようになる。』(エゼキエル36:27)『あなたがたに勧めます。聖霊の導きに従いなさい。そうすれば、自分の肉の欲望のおもむくままに走ることはありません。』(ガラ5:16) 『 もし私たちが聖霊の力を受けて生きているなら、すべてにわたって、その導きに従おうではありませんか。』(ガラ5:25)

Be self-disciplined in your obedience to His Word. “Do not be as the horse or as the mule which have no understanding, whose trappings include bit and bridle to hold them in check, otherwise they will not come near to you.” Ps. 32:9.

主の御言葉に従うことで、自分を律しなさい。『くつわをはめなければ言うことを聞かない、馬やラバのようになってはいけない。』詩篇32:9

Obedience to Be Delivered from Our Trials
私たちの試練から解放される服従

Remember that only the blameless will be delivered.  “He who walks blamelessly will be delivered, but he who is crooked will fall all at once.” Prov. 28:18.

罪のない者だけが救われることを忘れないでください。『正しい人は災いに会っても助け出されますが、人をだますような者は滅ぼされます。』箴言28:18

God watches and blesses what you do. “Thou dost recompense a man according to his work.” Ps. 62:12.

神はあなたの行動を見て祝福します。『汝は仕事に応じて人に報酬を与える。』詩篇62:12

Watch your folly. “But let them not turn back to folly. Surely His salvation is near to those who fear Him.” Ps. 85:8-9.

愚行に気をつけて。 『しかし、神の民である聖徒たちがを離れさえすれば、平和を告げられるからです。救いは、主を敬う人たちのすぐそばにあるのです。』 詩篇85:8-9

Wisdom is needed. “He who walks wisely will be delivered.” Prov. 28:26.

知恵が必要です。知恵をもって歩む者は救を得る。』箴言28:26

Hear and fear. “The one who despises the Word will be in debt to it, but the one who fears the commandment will be rewarded.” Prov. 13:13.

聞くことと恐れること。『みことばをおろそかにすると苦しい目に会い、みことばに従えば成功します。』箴言13:13 

Seek and follow wisdom. “He who trusts in his own heart is a fool, but he who walks wisely will be delivered.” Prov. 28:26.

知恵を求め、それに従いなさい。『自分に頼るのは愚かですが、神の知恵に頼れば安全です。』箴言28:26

If you don't obey, He will discipline you. “The Lord has disciplined me severely, but He has not given me over to death. I shall not die but live, and tell of the works of the Lord.” Ps. 118:18, 17.

従わなければ、主はあなたを懲らしめられる。『主は私を懲らしめましたが、死には渡されませんでした。私はいのちを落とすことなく、生き長らえて、主のなさったことを人々に語り伝えましょう。』 詩篇118:18, 17

God is faithful to His Word. “If his sons forsake My law, and do not walk in My judgments, If they violate My statutes, and do not keep My commandments, then I will visit their transgressions with a rod, and their iniquity with stripes.” Ps. 89:30-32.

神は御言葉に忠実です。『しかし、もし彼の子孫がわたしのおきてを無視して守らなくなれば、罰が下ることになる。』詩篇89:30-32

Let us all bow our heads and pray Psalm 51 aloud: “Wash me thoroughly from my iniquity, and cleanse me from my sin. For I know my transgressions, and my sin is ever before me. Against Thee, Thee only, have I sinned, and done what is evil in Thy sight. Create in me a clean heart, O God, and renew a steadfast spirit within me. Do not take Thy Holy Spirit from me. Restore to me the joy of Thy salvation, and sustain me with a willing spirit. Then I will teach transgressors Thy ways, and sinners will be converted to Thee. The sacrifices of God are a broken spirit; a broken and contrite heart, O God, Thou will not despise.”

頭を下げて、詩篇51を声に出して祈りましょう。『どうか私を洗い、この罪からきよめて、もう一度、潔白な身としてください。私は、自分がどんなに恥ずべきことをしたか、よく存じております。そのことで夜も昼も責めさいなまれているのです。 私はあなたに、ただあなたに罪を犯し、この恐ろしいことをしてしまいました。ああ神よ。どうか、清い思いと正しい願いで満たされた、新しいきれいな心にしてください。私を見捨てて、永久に御前から追放してしまわれることがありませんように。聖霊を私から取り上げないでください。救いの喜びを再び鮮やかにして、心からあなたに従おうとする思いに満たしてください。私のように罪深い人々に、私はあなたの道を教えます。きっと悔い改めて、あなたに立ち返ることでしょう。あなたがお望みなのは、悔い改めて、くずおれたたましいです。ああ神よ。罪を深く後悔して砕かれた心にこそ、あなたは目を留めてくださるのです。』 

May God be with you as you strive to be more like Christ!
キリストのようになる努力をするあなたに、
神が寄り添ってくださりますように。

Personal commitment to put the Lord first in my life: “Based on what I have learned in Scripture, I commit to do everything as unto the Lord. I will show the Lord, and others, my commitment to Him by my obedience to His Word, and specifically, by my submission to my husband.”

自分の人生において主を第一にするという決意をしましょう:「聖書で学んだことに基づいて,わたしはすべてのことを主のために行うことを約束します。主の御言葉に従うことによって、具体的には夫に従順でいることによって、主と他の人々に対して主への献身を示します。」